模造刀のお手入れ

こちらでは、模造刀のお手入れについてご紹介いたします。

お手入れ方法

亜鉛合金

亜鉛合金の模造刀は、真剣のように錆が発生することはありません。そのため日常のお手入れは、乾いた柔らかい布で拭く程度で問題ありません。しかし刀身に施されたメッキは水分を嫌いますので、刀身が濡れた際にはしっかり拭き取りをしましょう。また、あまりにも汚れがひどい場合には、乾いた柔らかい布に無水アルコールや刀油を少し染み込ませて拭き取りをしましょう。長期間保管する場合も、無水アルコールや刀油で拭き取るようにしましょう。

アルミ合金

アルミ合金のジュラ刀も、亜鉛合金と同様、乾いた柔らかい布で拭く程度で問題ありません。但し、亜鉛合金よりも軽く、刃の部分を合わせるとへこみやすいので、刃と刃を当てないようにしてください。 刃がギザギザになってしまった刀身を拭き取る時には注意が必要です。また、納刀の際に手を怪我したり、刃が鞘に引っかかって、鞘が破損することがあります。衣裳や胴着に引っかかったりすることもありますので、痛んだジュラ刀は使わないでください。また、自分で研いだり、ヤスリをかけることは避けましょう。

竹光

竹光のお手入れに関しての注意点としましては、湿った布で強く拭けば塗装が剥がれることもありますし、箔が貼ってあるものは強くこすると箔が剥がれてしまいますので、指紋を拭き取る時などは、箔が剥がれないように優しく拭くことをおすすめします。

共通のお手入れ

模造刀というのは上記のようなお手入れだけで十分です。つまり、過剰なお手入れというのは逆に刀を痛めることになってしまうのです。例えば、真剣のように打ち粉をうつのは避けましょう。メッキ処理が施された模擬刀に打ち粉をうつと傷やメッキ剥がれの原因になってしまいます。また、歯磨き粉で刀身や金具を磨いたり、垂れるほどの刀油を刀身に塗布して鞘に収めるのは避けてください。歯磨き粉で刀身や金具を磨いてしまうと傷やメッキ剥がれの原因になりますし、垂れるほどの刀油を刀身に塗布すると鯉口が緩んだり鞘を傷めたりする原因になります。

また、柄の部分をしっかり乾かしてから保管することをおすすめします。特に、手汗をたくさんかく人はこまめなお手入れをお願いします。湿ったまま保管すると、短い期間でも、柄の部分にカビが生えることがあります。下緒も湿っていないか確認して乾かしましょう。鍔も湿ったまま保管すると錆びることがありますので、拭き取りは大事です。

また、初心者の場合にありがちなことですが、抜刀納刀の際に削られた鞘の内側の木くずが、鞘の中にたまることがあります。鞘を逆さにして軽くトントンと床を叩けば、木くずが出てきます。床に新聞紙等を敷いておけば、トゲも刺さらないし、片づけも簡単です。

また乾かす際、くれぐれも、人が歩く動線に放置しないようご注意ください。誰かに踏まれたら鞘が割れることもあります。特に、鞘を払った状態での放置は厳禁です。誤って踏めば怪我をしたり、刀身が曲がってしまったりします。刀身が曲がると、鞘に納刀できなくなります。乾かした後の保管は、直射日光を避け、冬場は結露しない場所に、梅雨時はできるだけ湿気の少ない場所をおすすめします。

刀をお手入れする際は、刀に痛みがないか確認することも忘れずにお願いします。刃のはがれや破損を見つけた場合、修理に出すか買い直すことをおすすめします。

婆沙羅エンターテイメントでは、殺陣で使える模造刀を販売していますが、刀同士を打ち当てることは刀身の凹みや箔の剥がれ、曲がりや折れの危険があります。丁寧に扱い、正しくお手入れすることで、安心して稽古に励むことができます。また、常に清潔な状態を保つことで、長く愛用することができます。

模造刀を購入してお手入れを行う際には、これらのポイントを実践するようにしましょう。婆沙羅エンターテイメントでは通販にて、模造刀の販売を行っております。婆沙羅エンターテイメントで販売している模造刀は、刀身(茎)が柄の根元までしっかりと入っておりますので、素振り用・演劇用としてもご使用いただけます。また、模造刀は日本刀のように本格的なお手入れ用品を揃える必要もないので、お気軽にご購入いただけます。婆沙羅エンターテイメントでは模造刀以外にも、居合刀や木刀などの武道具の販売も行っておりますので、模造刀や武道具をお探しであれば、ぜひ婆沙羅エンターテイメントにてお買求めください。